チョコ豚
チョコ豚

 

アベル黒豚のチョコ豚

 

奄美島豚を基にした在来の黒豚に英国のバークシャー種をかけ合わせたアベル黒豚。
その黒豚にチョコレート(チョコレート製造工場の仕込み原料の余剰物)を活用した飼料で
育てた豚が「アベル黒豚のチョコ豚」です。

 

肉質の特徴

 

筋肉と脂肪のバランスが良く、
食感がやわらかくさっぱりとした風味があり、
やさしいほのかな甘みを感じます。

 
 
チョコ豚aaa
 
 アベル黒豚は、奄美島豚を基にした在来の黒豚に英国のバークシャー種を
かけ合わせた豚で、明治時代から百年以上、改良を重ね愛情たっぷりに
育てられてきました。六白のアベル黒豚は有数の黒豚の中でも産肉性は高く、
肉のきめは細かく、選び抜かれた系統だけを集め何十年もの年月を経て
育種した純粋な黒豚です。



 
 
 

チョコ豚
aaa
 
 アベル黒豚はロース芯が大きく、赤味が多いので黒豚特有の
やわらかい肉質を味わえます。選び抜いた独自の穀物飼料を与えることで、
脂身の臭みはなく、もちもちとした歯ごたえを楽しむことができます!
 アベル黒豚は豚の健康を第一に考え獣医師の見地からも考え抜き「さつまいも」
「とうもろこし」「大麦」「小麦」「大豆」「緑茶」「黄土」「チョコレート」
などの良い原料を工夫して配合した食物性飼料を与え育てています。



 
 
 

チョコ豚aaa
 
 アベル黒豚牧場は独自の飼料工場を設置し、原料の選定や
配合設計を行っています。肉質や食味、食感は飼料成分等によって
大きく変わるため飼料の研究・改良に日々努めています。そのひとつとして
「チョコレート」(チョコレート製造工場の仕込み原料の余剰物)を
活用した飼料で育てた豚が「アベル黒豚・チョコ豚」です。



 
 
 

チョコ豚
aaa
 
 チョコレートの主成分はカカオパウダーと植物油(主にやし油)です。
カカオパウダーは嗜好性に優れ、豚が好んで食べます。カカオに含まれる
カカオポリフェノールは、アレルギーや動脈硬化やがんなどの様々な疾病の
原因といわれている活性酸素の働きを抑制し、ストレスへの抵抗性を増強させ、
病原菌の増殖を抑える働きがあるといわれています。やし油は、消化吸収がよく、
特に幼若動物にとってエネルギー源として優れています。チョコレートを
豚が食べることで、活力が増し、食欲も増え、病気に対する抵抗力がつき、
元気に育つようになります。



 
 
 

チョコ豚
チョコ豚